Home
 
About us
Site
Gallery
Circle
etc
 

月別過去ログ

2007年9月8日(土曜日)

ANA姐さんと飛行機雲

カテゴリー: - Takashima_Aki @ 03時45分10秒


とりあえず、冬に向けて作っているイラストから出来てないところを除いた感じ・・・
で、コミケ73のサークルカットもこのANA姐さんですw
てか、まだイメージがちゃんと固まってないからどんどん描き直す可能性もあったりで。。。
とりあえず、サーバーの移転記念も兼ねて早めに何か上げようと思っていたので、今回はこれにて・・・( ̄Д ̄;;

しかし、最近青だとか赤だとか・・・イラスト全体で一色に近い配色増えたなぁ・・・
これでもいろんな色を混ぜようと努力だけはしてるのに…orz

 

コメント

このコメントのRSS

  1. 同系色のみのほうが、構成として難しい場合も多いですけど、
    綺麗に仕上がっててイイですね。

    しかぁし!ここは黒井センセよろシくツッ込ませて頂くと(関西弁ではナイですが・・・)

    惜しむらくは、エンジン計4発の747の飛行機雲の場合、
    (少なくとも)機体のすぐ後ろは4本(遠影なら2本)出ていると思います。
    当然、他の機種に比べて左右翼エンジンの間隔も大きいので、
    1本になることは、殆ど無いようです。(近影の場合)

    また、云わずと知れた、垂直尾翼回りにエンジンのない機体ですから、
    現在の状態だとAPU(AuxiliaryPowerUnit)の部分から雲が始まっているコトに(^_^;)

     ちなみに、メインエンジン始動後、ないし飛行中にAPUを動かすことはないです。
     主にメインエンジン始動の為の補助動力なので・・・
     (戦闘機では、F-15のモノが、独特の音で有名ですが)

    アレは気象条件によって生じるモノなので、だいたい同層(同一高度帯)で
    発生します、ですから上昇していく過程で、完全に繋がったモノが発生することは
    あまりないでしょう。
    なので、一般的なものを地上から見ると、ほぼ均一の幅に見えるのです。

    上昇中の場合、できる層とできない層をマタぐので、面白いモノができたりします。

    その高度での空気の流れによって長時間形を維持するものや、
    風に流され、すぐにボヤけてしまうものなど、いろいろです。

    多くの場合、速度が速い状態(550km/h以上)場合は、かなりシャープなものができますし、
    低速度では、なんか微妙にモコモコしているモノが多いと思います。

     http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/iroiro/hikokishasinn.htm
     ▲ココなど参考にされるのがヨイかと・・・
     ・・・昔撮った写真、殆ど行方知れずになってて、
     自身のが出展できないのが口惜しい(-_-;)
     DVはキャプチャ環境がないし・・・(泣)

    〜オマケ〜
    戦闘機などが、機体の引き起こしを行うなどした際に翼端から生じるのは、
    やはり別物です。(ヴェイパーでググってちょ)
    コレも気象条件に左右されるとはいえ、単なる水平飛行中に起こることはあまりナイでしょう・・・
    (余程の高速度なら別だろうけど・・・)

    Comment by LazwardFox — 2007年9月8日(土曜日) @ 13時44分12秒

  2. >構成として難しい場合も多い
    う〜ん・・・寡作なので、そういうケースに当たった記憶が…
    てか、お褒めに預かり光栄ですwww

    >機体のすぐ後ろは4本(遠影なら2本)出ている
    ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
    な、何と!!?やはり記憶だけで描くのはかなり問題だな・・・(・・;)
    貴重な突っ込み&資料提供ありがとうございます!!
    修正して再アップしますので、しばしお待ちをっ!!_〆(゚▽゚;)

    >だいたい同層(同一高度帯)で発生します
    あぁ、確かに考えてみれば性質の違う層で連続した雲は発生・維持できませんよねぇ・・・
    てか、資料を集める癖をちゃんとつけないと・・・結構自分の記憶だけでグリグリしちゃう事が多いので、矛盾の多いものになってしまう…( ̄ー ̄; ヒヤリ

    #イラストに対する意見や突っ込みを入れてくれる人が最近あまりいないので、助かりますw

    Comment by Takashima Aki — 2007年9月8日(土曜日) @ 14時25分50秒

  3. 〜〜 追伸 〜〜
    また、旅客機のエンジン(と云うかジェットエンジンほぼ全般)には、
    一気(一時的)に大きな出力(推力)増を行いたい時の為に、ウエットモード と云うのが設定されています。
    (通称ウエット 対して使用しない場合は ドライ・・・ って、まんまだな(-_-;))
    離陸総重量(多くの荷を積載している)が大きい時などで使われるものです。
    アフターバーナーが、燃焼室外(直後)で燃料を追燃焼させるのに対し、
    コチラは、燃焼室に(適量の)水を噴射して、その膨張を利用して更なる力を得るモノで、

     WMは、エンジン冷却にもなるが、急激な冷却は部品にとって負担にもなる、
     逆(AB)も真なりで、運用はパイロット(機長)の判断によるものだが、
     機体維持コストにも関わるので、その使用頻度などは、真価(腕/経験)が問われるトコロ。

    当然この場合、排気に含まれる水分量が多くなります。 離陸し、高度を増している時などは、
    意外にコレが、飛行機雲の発生を、後押しする材料になっているのではないかと考えていたりします。

    Comment by LazwardFox — 2007年9月8日(土曜日) @ 14時47分05秒

  4. 追伸の冒頭がヌけてた(^_^;)

    機体(エンジン)後方には、特定の向きを持った渦が発生します。
    747の場合、片翼のエンジン間隔が狭い為、それぞれのエンジンから生じた飛行機雲は、
    干渉しあって螺旋状に1本に交わります。
    気象条件がよい時に、よく見ていると、綺麗な形で交わっていくのがよく判ります。
    (距離にもよりますが、300ないし600mmくらいのズームレンズがいるかと...)

    http://cumulus.web.infoseek.co.jp/kumo/iroiro/gazou/20050327%20163930.jpg
    ▲この画像がイチバン判りよいかと・・・

    Comment by LazwardFox — 2007年9月8日(土曜日) @ 14時49分24秒

  5. ウエットモードですか・・・聞いたことなかったなぁ…
    機械系の勉強はしていてもそういう細かいところ(特に『航空機の』のように限定すると)習わないですからねぇ・・・
    ま、そういうところこそ自分で興味を持って調べるべきなんだろうけど・・・( ̄Д ̄;;
    さすがに渦の話は良く分かりますねw(まさにソレの勉強してるしw
    てか、この写真よく撮れてますねぇ・・・参考にさせていただきます〜!!

    #結局昨日はイラストの修正できなかった…orz

    Comment by Takashima Aki — 2007年9月9日(日曜日) @ 17時02分33秒

  6. ご無沙汰です
    いやぁ、久々にAkiさんのANA姐をみましたよ〜w
    他の人が描くとここまで良くなるとは・・・・。

    あと、飛行機雲のことなんですけど。おれも「あれ?」
    っと、思いました。てか、姐よりそこにまず目が行ってしまいましたw
    突っ込もうとしても、説明できなかったのが悔やまれますが・・・
    詳しい方が語ってくれてるのでまぁいいかwって感じですw
    では、次回作を期待!

    Comment by 空秋霧画 — 2007年9月9日(日曜日) @ 18時14分09秒

  7. > 渦の話は良く分かりますねw(まさにソレの〜
    あれぇ? もしかして専門家相手に語ってしまったオチ?(笑)
    (大きな間違いが無かったのが、せめてもの救いか・・・)

    > てか、この写真よく撮れてますねぇ・・・参考に〜
    (^_^;)・・・判ってると思いますけど〜、一応明言しておきますと〜

     当方が撮った写真ではないですよ〜〜((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

    そもそもサイトも、以前に、全然違う雲について検索してたトキに
    たまたま見つけたトコなので・・・
    いわし だか さば だか判んなくなったトキあって←バカ

    > 空秋霧画さん
    拙い知識で先越してしまって申し訳なく・・・(^_^;)
    ドチラかというと、(いろんな)エンジン主体で研究してた時期があったので、
    それに関連して、機体本体の構造とかにも触れる機会があった程度なのです。
    しかも、ガッコでなく、神田で専門書探してのコトだったので、
    資料が古い古い(つまり知識も)・・・

    ちなみに、艦載ミサイル射出3〜4秒後(直後は もくもく なので)の
    近影なら、大体あんな感じ(笑)っても種類によるかな・・・
    (別に艦載型に限るコトはないね・・・)

    −−−−−−-−−−−
    昔読んだ本は、WW2nd前後からのジェットエンジンの歴史も交えながら、
    構造の概念や、部品の詳細などを、それなりに詳しく説明されていたので、
    肝心の、詳細知りたかったターボファンエンジンに関しては、
    扱いが意外に少なく、(本の中で)最新機種が
    Pratt&Whitney JT9D (Boeing B747-200他) そのほかだと、同社
    JT8D しか、載ってないというシロモノ・・・(どんだけ〜)

     つか、今日確認してわかったのは、
     総じてDC-9シリーズの範疇でしか解説が無かったようで、
     両機種(エンジン)ともDC-9のいずれかに搭載されている。
     (いろんな派生型があるエンジンだから当然他機種(航空機)にも・・・)
     そもそも、GEやRRのモノが載ってない資料って・・・( ; ゚Д゚)

    それでもナイよりマシと、その資料他で再確認してアゲたかったのですが・・・

    結局ネットで、フラグメント起こりまくってる記憶の確認程度しかできず、
    詳細が結構抜けてしまっているようで、やっぱり申し訳なかったカモ・・・
    ただ、概要はあっている(ハズ)ですので、作画の参考にはなると・・・
    信じたい(^_^;)

    −−−−−−−−−−
    さっきググったら、
    -ttp://www.jal.co.jp/jiten/dict/p217.html
    なんと、こんなトコに、昔読んだ資料と大差ない(つかより詳しい)
    資料があろうとはっっ!! ・・・結構あの本、薄い割りに高かったのに(クスン)
    J●Lのクセにアジなマネをっっ・・・って、A●Aは、やってないかな、カナ?
    しかし、ナニやるにしても資料に困らないなんて、イイ時代だね(ウラヤマシス)

    チクショー あの本ドコにやったんだろ・・・(怒りのやり場がナイっっ)
    ああいうのぼーっと読んでるの好きなので・・・
    ・・・でも本来(同人誌やコミック以外の)紙媒体ギライ(笑)

    −−−−−−−−−−−
    > Akiさん
    画の更新、期待してます♪
    (▲なにげにプレッシャーかけてみるΨ(`∀´)Ψ)

    Comment by LazwardFox — 2007年9月9日(日曜日) @ 23時22分31秒

  8. デジャヴ??? ナゼだろう、ココ▼の内容読んでると、
    -ttp://www.jal.co.jp/jiten/dict/p217.html
    昔読んだ資料のままの文章や図が・・・
    もしかしてあの本出してたの、J●L?(^_^;)

    Comment by LazwardFox — 2007年9月9日(日曜日) @ 23時36分14秒

  9. >空秋霧画氏
    お久しぶり〜!!やっぱり飛行機雲に目がいっちゃいましたか…(・・;
    ていうか,直そうと思っていたんですが,結局先週は一度もPhotoshopを立ち上げることすらありませんでした…orz
    今月中に描かねばならないイラストのノルマが〜!!

    >LazwardFox氏
    >もしかして専門家相手
    大丈夫です!!専門的知識がすぐに出てこないあたりが学生ですからw
    しかし,最近は本当資料集めにお金が掛からなくなってきましたよねぇ・・・
    写真とかなら,掲載しているサイトを知っていれば,特に本で購入しなくても大丈夫な場合って結構ありますし・・・
    でもまぁ,一番良いのは自分で見に行けたらそれに超したことはないんですけどw

    Comment by Takashima Aki — 2007年9月16日(日曜日) @ 16時27分31秒

  10. > 掲載しているサイト〜
    最悪ググれば出るし(^_^;)
    こなたんじゃナイけど、ホント、
    お子様の夏休みの宿題の答えくらいならコロがってそうで・・・

    > 一番良いのは自分で見に行けたら〜
    貧乏してると、コレが意外に難しい・・・(-_-;)

    Comment by LazwardFox — 2007年9月17日(月曜日) @ 20時31分21秒

  11. > すぐに出てこないあたりが学生〜
    すると遠からず、すらすらっと、出てくるようになっていると云うコトですね( ̄ー ̄)ニヤリ

    Comment by LazwardFox — 2007年9月17日(月曜日) @ 21時43分06秒

  12. >一番良いのは自分で見に行けたら〜
    まだすぐ近くにあれば良いんですけどね・・・北見って本当にその辺何もない…orz

    >すらすらっと
    一生学生のままってことでFA.

    Comment by Takashima Aki — 2007年9月18日(火曜日) @ 10時53分46秒

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

28 queries. 0.111 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

 
 
 
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録